ドラマのような告白をされました。

会社の同僚が食事に誘ってきたので、何か悩みでもあるのかと心配していました。
彼とは入社してからの付き合いなので、もう5年になります。
同期のみんなでよく打ち上げなどをすることはあるのですが、彼とはそれ以外でもちょくちょく飲みに行く仲でした。

いつもはレストランなど予約せずに、行き当たりばったりで食事する場所を見つけるのですが、今回は何か彼の様子が違いました。

私が以前に「美味しそうだ」と言っていた、少しおしゃれなお店に予約を取ってくれていたのです。

どうしたのか聞いても、はにかんで適当に流されてしまいます。今日は誕生日でもないし、なんなんだろうと不思議でした。

私の行きたかったお店は、思っていた通りとてもおしゃれで、ご飯も美味しくて大満足でした。嬉しそうに食べる私を優しそうに見つめられて、時折照れてしまいました。

特に彼から悩みを打ち明けてくる風でもなかったので、彼にも何か良いことがあったのだろう、程度に思っていました。

すると、彼から急にここで待つように言われ、なんだろうと思いながら待っていると、なんと彼が車に乗って現れたのです。
連れて行きたいとこがある、と言われ助手席の扉を開けられました。その仕草が意外にカッコ良かったのでドキッとしてしまいました。

彼が向かった先は100万ドルの夜景が見渡せるとても素敵な場所でした。
私がつい見とれていると、彼が大きな声で「ずっと好きでした。付き合ってください!」と叫んだのです。

周りにチラホラカップルがいたので、だいぶ恥ずかしかったのですが、彼の潤んだ目を見るとキュンとなりました。
そして、私が頷くと彼はガッツポーズ。
よくテレビで見るシーンだ・・・と思いながらも、とても嬉しかったです。